骨董

Pc100555 Pc100556 Pc100550 今日は、とんぼ玉とは、別の話題です。実家に用事があり出かけてきました。父の好きなそば猪口など少し写真にとってきました。骨董好きなもので、色々集めています。そば猪口の飾りだななどは、父のお手製、木彫りの背景の手塗りの壁は、私が塗りました。父はあんまり気に入らないようですが、なんで、いいじゃないなんて、会話が何度か…。2枚目のつぼは、たこ何とかという模様で…忘れてしまいました。先日、美の壷という番組で、とんぼ玉が紹介されていましたが、父は、いつも見ている番組だそうな。ついでに、70歳過ぎてから、はじめた父の木彫りも、勇気をもって紹介しちゃいますよ。どうぞ寛大な気持ちで見てくださいね。みようみまねで、彫っていますので、バランスなどおかしいのでしょうが、まねして作っても、本人作とすぐわかるものが出来上がります。そういう意味では、とても尊敬していますよ。(笑)Pc100551 私も、とんぼ玉を作っていて、この玉は、あの人の玉だねとわかるものは、ひとつ目標ですので。いい年ですので、無理せず続けてほしいと思っています。 父のおじいさんに当たる人はケヤキで家具とか作っていた方らしい。私の庭にあるケヤキは何か意味があるのかな。妙に私も木が好きです、はい。又大黒さんの顔パーツとんぼ玉で作ったのも、影響あるのでしょうか。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へガラスの記事ではありませんが、よかったら応援してくださいね。

| | コメント (2)

ぽるぺっぽ

P7290498 P7290499

 現代からくりおもちゃか館、「ぽるぺっぽ」今日は、今年夏オープンしたおもちゃ館に行ってきました。赤城山麓、わが村に、こんな素敵なおもちゃ館が出来、とっても感激!一言、とってもお勧めです。受付を済ませて、入館するやいなや、木の香り
が、ほっとした気分にさせてくれますよ。

 今日は、月曜日、平日とあって、とっても静か、館内は私のほかは、少しだけ、とってもゆっくりと、遊んできました。月のうさぎさんが、かたことと、音をたてて、お餅をつきます。その音がなんとも心地よく、自分の手で動かして楽しめる、思わず、微笑んでしまうそんな素敵な木の動くおもちゃに出会えます。小さな子供から、大人まで楽しめる、素敵スペース、ミュージアムショップでは、木のおもちゃを購入出来ますよ。

 群馬県富士見村、赤城道路、馬事公苑信号より赤城山方面へ約2キロ、右手にあります。俵萌子美術館の入り口のすぐ手前です。開館時間10:00~17:00,火曜定休、冬期休館12月26日~2月末日  ℡027-288-1608

| | コメント (1)

日本画家、三橋節子さん

 今日は、とんぼ玉とは、関係はない話題ですが、 昨日の日曜美術館(NHK)は三橋節子さんの特集でした。彼女の名前を知ったのは高校時代、卒業まじかの時でした。その後、彼女が絶筆を描いたという余呉湖を旅をしたりしました梅原猛氏の本を読んで感動したのがきっかけだっだのですが、今は、滋賀県大津市に三橋節子美術館が建てられているそうです。琵琶湖の北にある余呉湖を舞台に湖の伝説シリーズなどを描きあげ、二人の子供を残し、35歳の若さで夭折した日本画家です。
 あれから、だいぶ、本当にだいぶ時が過ぎました。P2010322 P2010323 P2010325 一番上の娘は、ちょうどあの頃の私の年と同じになり、2番目の息子は、かつて私が習っていた方に、デッサンを習っている、もうだいぶたちますが、私の姉は33歳で、病気であの世に旅たった、色々なことが走馬灯のように浮かび上がり、感傷的になってしまった昨日でした。
 ということで、自分の持っている本から、好きな絵と、絵本を紹介します。
 もしあちらに旅することがあれば、美術館を訪ねてみたいな~。
 
 
 

| | コメント (0)