« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

暑い中とんぼ玉体験お疲れ~

Dscn01501 Dscn01511 Sscn01611 Sscn01601 昨日は4名のグループの方がとんぼ玉体験にきてくれました。田舎の町にありがとうございます。大学時代のお友達どうしということでした。かわいい赤ちゃんも一名参加、みなが変わりばんこで赤ちゃんのおもりをしてくれて、そのおかあさんも何とかとんぼ玉を作ることができました。よかった~みなさんアクセサリーに仕上げてそれぞれつけて帰りました。母屋の和室を休憩所に使えば、数名のグループでも大丈夫でした。ほっ。サイドビーズはやはり色々悩んで相談しながらそれぞれ自分らしく仕上げていました。サイドビーズ一つで仕上がりもがらっと変わりますからね。みなさんとっても似合っていました。暑い中ご苦労様でした~記念に写真撮らせていただきました。

| | コメント (0)

ねこです。くまです。いぬです。

Dscn01351 気持ちは、ワンこをつくるつもりで、出来上がってみたら、猫にもくまもできました(笑)、一応自分の中で分類しましたが、見る人に任せることになるのは、無責任、微妙な形を気にしているうちに、耳がとけてきて、順序よくささっと仕上げないとだめですね。2色使いが案外難しいですね。少し手が慣れてきましたが、今日の暑さに一休みです。夜になり色違いのワンこ作りました。犬にみえてきたかな。Rscn01381

| | コメント (2)

くるくる巻き

Rscn01271 Dscn01301 くるくるとつむじ模様つくりりました。上のは人の顔にみえるかな、なにか困っていますという顔にみえてきました。一度そうみえると、いつもみえてくる~。夏休みもうすぐ終わります。宿題どうする?つもり、頭のいたい母です。子供が小さいころは、一緒にやったものですが、難しいので、わかりません。そんな私の心境みたいですね。(笑)

| | コメント (2)

群馬昆虫の森

 先日群馬昆虫の森に行ってきた。帰省していた息子とふたり、目的は違う。私はかやぶきの家、子供は、安藤忠雄の建築、子供が小さいと時は、歩いて12分のかやぶきの家はいつも省略でいけずじまい、今回は、ゆっくり縁側で過ごすこともできた。おまけに夕立でしばしの休憩、お蚕さんもこの暑さでクワの葉のの食べがわるいらしい。明治時代の建物を分解して移築しととのこと、風 が気持ちよくふきぬけてゆく。やんばるの森の蝶はひらひらとむかえてくれて、昔の記憶がよみがえる。ゆったりした階段の図書館は、時間をわすれて、過ごしたい空間でした。外は38度という暑さ、今年の夏の暑さは、半端ではない。とんぼ玉を作るには過酷、朝早く4時くらいから始めるとんぼ玉教室とかあったら、いいかな?(笑)

Dscn01181。   Dscn01121Dscn01211Rscn01251Rscn01241

| | コメント (0)

今日は障子張り

 我が家の障子は22枚ある、昔のうち風である。わけあってそのうち2枚はない。県内産の杉で作られている我が家はふしがたくさんある、子供がちいさい頃10円玉がいっぱいといっていた。子供の健康考えての作りだったが、家族で杉山まで見に行きチェーンソーで実際に木をきってみた。良い思い出である。ということで、その中の8枚ほど張り替えた。一人でとっても大変でした。掃除とかこういった障子はりは家族みんなでするものだと思う。家族で私だけそう思っているから悲しい…庭の水道でさんをきれいにするとやっぱり気持ちよい。ついでに庭に水をまくと、すっきりする。和室の前のふな石は義理の父が生前買ってくれたもの、ひとめ見て気に入った私のお気に入りの石です。やはり下駄が似合う。せみの抜け殻が庭に落ちていました。せみは地中に7年くらい?いるらしい、このうちは築12年だから、このせみも、長い間一緒にいたはず。くわがたもとりにいかなくても雨戸にやってくる。蛍も窓からみえる、よって草の勢いも半端ではない。061 062

| | コメント (0)

おみごと! 夏休みとんぼ玉体験in群馬

058 今日は暑い中、家族でとんぼ玉 体験にきてくれました。小学校高学年と中学校のお子さん、お母さん、おじいちゃんおばあちゃん060みんなで参加くださいました。おじいちゃんは昔電球をひとつひとつ吹きで作る仕事をされていたということです。そういった手作業が昔は行われていたんですね。知りませんでした。昔はバーナーを自分で作って仕事をされていたということです。頭がさがります。こういった時代から、日本のもの作りは培われていたのかな?おばあちゃんの一緒にお仕事されていたようで、炎の位置など的確なアドバイスを娘さんに伝えていました。玉つくりも潔い!バーナーの前にすわったお姿はやはり、凛として見えました。夏休みの思い出になってくれたらありがたいことです。こちらの思い出にもなりました。私は最近近場が見えにくくなって、ストラップ作りのときは、近視のメガネははずさないとです。そんな私をみておばあちゃん曰く「目がよくなったなんてすごいじゃない」メガネいらずということで、とっさの時にこんな言葉が返ってきます。お孫さんもガラスがバーナーに落ちてしまったとき、「スクープ…といってムービーを動かしていました。何か共通の物事のとらえかたをするので、感心させられました。粋というのはこういう事なのかなと感じた次第です。
 ストラップ作り(バックにつけるかお財布につけるかも)はビーズ選びに迷いながら、皆さんで楽しそうに作業していました。お疲れ様でした!

| | コメント (0)

つむじに行ってきた

「つむじ」にいってきた。今年7月オープンした中之条町ふれあい交流センターである。中之条つながりで、いくつか自分のとんぼ玉を見ていただいた。じっくりと丁寧にみていただけたこと、少しばかりおいてくださることをお願いしてきたわけだが、こちらがそのつもりで用意していったものではない物を選んでくださいまして…こんなものも作っているんですと別の箱に入れていった帯留め、かんざし、ストラップも少してのこんだものなど…こういったものをおいてくれる場所なんだ、こういった場所とご縁ができありがたいことです。とりあえず見ていただけることに感謝。ということで画像は手まえの虹色ちょうちょストラップ以外は持って帰ってきたもの。

050炭のアクセサリーとか面白いもの、こだわりのあるものなんかおいてあります。私としては六合村赤岩地区の組ひもがとても素敵でてとんぼ玉とあわせたらなと…

 かえるストラップといえば、最近子供が短期留学でアメリカに旅たった。2ヶ月ほど経営の勉強とのこと(今頃大変な思いをしているだろうな、何はともあれ051 052  無事帰ってきたくれればいいと思う)があちらで、日本からもっていったものをバザーにだすかも、又お土産になにかというので、古布で作った小袋、かえるストラップ、かんざしを少し持たせたが日本でかえるは無事かえるとか、好きな方が案外多いと思うが、あちらではどうなんだろう?

| | コメント (2)

小とりはとっても歌が好き

049 小とりストラップ作っています。下はネックレスになる予定、

朝方、大体4時ころ私は起きています。新聞やさんのバイクの音、朝小鳥の鳴き始めるころが私の一番好きな時間です。小とり038 を作っているときも、なんだかほっとします。子供が大きくなり、お母さんお母さんと連呼された夏休みのあわただしさは、最近なくなりました~いつも子供と一緒に工作や絵の宿題をして、ついつい余計な口出しをしていたような。今はあのころが懐かしい、もう少し何か話して、なんて勝手ですね。子供はある時期急に話さなくなり(うちだけかな)又忘れたころ、話ができるようになりますが…とんぼ玉をはじめて7年くらいなるかな、とんぼ玉と出会えて良かったななんて又あらたに思う今日この頃です。
 もうすぐお盆ですね.、夫は私より自分のほうが先にあの世に行くと100%思っていうようで、自分が死んだらとんぼ玉をお棺の中に入れてもいいよとたまに言います。もちろんありがたいことに元気の毎日送っていますが、桜のとんぼ玉にしてくれと今からリクエストしていますが、とんぼ玉は入れられないかな?

| | コメント (0)

内田デザイン研究所にいってくる

 昨日はスペースデザイン専攻している子供の学校の研究課題を見に六本木に行ってきました。何より元気に前向きに取り組んでいる様子なので、安心して帰ってきました。何より、こういった場を設けていただき、良い経験になったのではないでしょうか。
 ショールームはバスルーム、洗面所などのセンスのよい展示、こんな形ありなんだな~ショップには夏向きの小物が並べられていました。ガラスの小物、漆塗りの耳掻き(とんぼたまつけたらいいだろうな)赤いろうそく(小川未明赤いろうそくと人魚を思い出す)ぼんぼりなどもありました。(こういうものもデザインされているんですね)中に入るとお経かなと思う音楽が流れていて、全体に流れる「和」の雰囲気に何かほっとする感じがしました。

 

 

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »